栃木県

インターネットのサイトは時に不信感が出てくる、という方がいます。しかし栃木県から無料のフリーダイヤルに問い合わせもできるので、疑問はすぐに解決できます。

全国にある個性豊かな通信高校・サポート校・高卒認定予備校の資料やパンフレットを一度の入力で簡単に取り寄せられます。いちいち1つずつの学校へ問い合わせるのは、思ったよりも手間がかかるので、栃木県では人気になっています。

 

栃木県にはない学校でも通えるのが通信制の良いところです。しかし入学するにもまとまったお金がかかるので、自分にあった学校を選びたいもの。フリーダイヤルの問い合わせ先がありますから、疑問もすぐに解決できます。

 

通信高校・サポート校・高卒認定予備校にはそれぞれ特徴があります。その中から選ぶのは時間がかかるのですが、ズバット 通信高校比較は資料請求が一括でできるので栃木県にいながら楽々で調べられます。

 

通信制高校,ズバット通信制高校比較

ズバット通信制高校比較

>>ズバット通信制高校比較の公式サイトへ<<

 

栃木県で通信高校を利用した方の口コミ

インターネットだけではちょっと不安があったのですが、サポートのフリーダイヤルがあったので良かったです。わからない事がすぐに解決できるのは便利だと思いました。

子供のために通信の学校を選ばなくてはならなかったですが、一括で検索できたのでとても便利に使えました。子供も届いた資料を見て、前向きになってくれて嬉しかったです。

働きながら学べるよう、通信の学校へ入りたいと思ったのですが、いちいち問い合わせするのが面倒だなと思っていました。一括検索は時間の短縮ができるのがいいですね。

栃木県で人気の通信高校

  • 栃木県 通信高校
  • 全国にある個性豊かな通信高校などの資料が届く
  • 何校資料請求してもお金は一切発生しない
  • 一括でほしい情報をもらえる
  • サイトによるきびしい参加基準をクリアした機関のみ
  • フリーダイヤルの電話でも資料受付可能
  • 資料請求できる学校は最大12校
  • 学校のエリアと現在の状況を入力するだけで検索できる
  • 通信高校 栃木県

ズバット通信制高校比較

>>ズバット通信制高校比較の公式サイトへ<<

通信高校の重要性の高まりと、それに伴う課題について

通信高校,文部科学省,就職

皆さんは通信高校にどのようなイメージを持っているでしょうか?「あまり自分とは関係がない」と思っている方が多いのではないでしょうか。それもそのはずです。現在の栃木県の高校教育は、全日制、定時制、通信制の3つに分類されますが、このうち学生数で大半を占めているのが全日制です。

 

以下は、文部科学省の調査による、2019年の全日制・定時制・通信制の生徒数です。

  • 全日制・・・約308.6万人
  • 定時制・・・約8.1万人
  • 通信制・・・約19.7万人

(文部科学省、「学校基本調査」に基づく)

 

通信高校と全日制の学生数は約15倍もの差があります。しかし、実は、通信高校の重要性や存在意義は、年々高まっているのです。

 

本当に、通信高校の重要性は高まっているのでしょうか。その根拠の一つに、学校数と生徒数の増加が上げられます。文部科学省の調査によると、2019年の全日制・定時制学校は4,887校で、2000年の5,506校と比べ、年々減少傾向にあります。20年で619校も廃校になりました。一方、通信高校は、2000年は113校でしたが、2019年は253校にまで増加しています。通信高校は、20年でなんと約2.5倍も増えているのです。

 

生徒数はどうでしょうか。文部科学省の調査によると、高校の生徒数は、1989年の約564万4千人をピークに下降傾向にあります。2019年には316万8千人まで減少しています。いわゆる、少子化社会です。しかし、少子化の影響で全体的に生徒数が減少しているのにも関わらず、通信高校の生徒数は年々増加傾向にあります。2019年度は19万7千人で、前年度より約1万人も増加しています。このことは、現在の少子社会において、非常に特徴的だと言えます。学校数と生徒数が徐々に低下傾向にある全日制・定時制学校とは対照的です。

 

では、なぜ増加しているのでしょうか。もともと、通信高校は、中学卒業後すぐに就職した栃木県の「勤労青少年」のために設立されました。そのため経済的な理由で通信高校に通学する人が大半でした。しかし、現在ではライフスタイルの多様化に伴い、様々な動機・理由で学習する人が増えているようです。高校中退者や不登校経験者による「学び直し」、スポーツや芸能活動と学業の両立など、様々です。通信高校は、自主性が求められるため、自分のペースで自由に勉学を進めたい人にも選ばれています。

 

統計では、通信高校の学生の多くは高校中退者や不登校経験者などのドロップアウト経験者だそうです。つまり、一度社会からドロップアウトした人にとって、通信教育は重要な受け皿になっています。また、持病などで通学が困難な人にとって、通信高校は貴重な教育の場になっています。今後、ライフスタイルの多様化が進むにつれ、通信高校の存在意義は益々大きくなっていくでしょう。

 

重要性が高まっている通信高校ですが、一つだけ課題も提起したいと思います。下記は、通信高校と定時制高校卒業後の就業状況の割合です。

 

通信高校の就業状況の割合
1994年、正社員68.4%、パート等14.3%、無職17.3%
2016年、正社員2.2%、パート等46.2%、無職50.8%

 

定時制高校の就業状況の割合
1994年、正社員29.3%、パート等24.3%、無職46.4%
2016年、正社員6.3%、パート等23.4%、無職68.2%
(文部科学省の「高等学校教育の現状について」に基づく)

 

文部科学省の調査によると、卒業後の就業状況において、無職になる割合が年々増加しています。1994年の通信高校の就業状況の割合は、正社員が29.3%、パート等が24.3%、無職が46.4%でした。しかし、2016年は、正社員が6.3%、パート等が23.4%、無職が68.2%です。つまり、就業状況においては、およそ半数以上が無職になっています。

 

しかし、これは時代背景によるものが大きいと考えています。なぜなら、定時制高校の就職率も同じように低下しているからです。1994年の定時制高校の就業状況の割合は、正社員が68.4%、パート等が14.3%、無職が17.3%です。一方、2016年は、正社員が2.2%、パート等が46.2%、無職が50.8%です。定時制高校の就業状況でも半数近くが無職であることから、「定時制と状況が似てきた」と問題視しない意見もあるようです。

 

しかし、学生の立場に立って考えると、それで良いのか疑問符がつきます。通信高校の重要性と存在意義は、ライフスタイルの多様化と共に、確実に高まっています。そのため、学校側は、生徒を受け入れるだけでなく、生徒一人一人と向き合い、卒業後のサポートもしていく必要があるのではないでしょうか。

 

<参考文献>
文部科学省(2019a)学校基本調査−令和元年度結果の概要−(2020年5月4日現在)
https://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa01/kihon/kekka/k_detail/1419591_00001.htm
文部科学省(2019b)高等学校教育の現状について(2020年5月4日現在)
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/084/siryo/__icsFiles/afieldfile/2019/08/08/1419962-8.pdf

通信高校から大学に進学するには

通信高校,専修学校,大学,栃木県

通信高校を卒業した後、さらに上の学校に進むことも可能です。

 

文部科学省の調べによると、通信高校を卒業した後で専修学校に進学する人は23.8%です。全日制高校の卒業生が専修学校へ進学する割合もほぼ同じで23.0%です。ただし、大学への進学率は通信高校の卒業生だと多くはありません。

 

通信高校の卒業生が大学へと進学する割合は16.7%です。全日制高校の場合、54.4%が大学へ進学していますので、通信高校から大学へと進学する人はまだ多くないのが実情です。

 

ただし、通信高校で学んだことが大学受験資格に影響を及ぼすものではありません。通信高校での勉強は受験勉強でないことも多く、登校日が少ないことから受験のモチベーションを保ちにくいのが原因と言えます。

 

通信高校に在籍しながら大学進学を目指す場合、受験勉強のサポートがきちんとなされている学校を選ぶことが大切です。たとえば、一ツ橋高等学校や鹿島学園高等学校、ヒューマンキャンパス高等学校などは、受験勉強を支援する仕組みがあります。

 

通信高校は栃木県の全日制高校に比べて時間の融通が効くのがメリットです。登校日以外の日に先生に質問しに登校するのも一つの方法です。積極的に先生にアプローチして、自分の学びたいことを追求する姿勢を育てると大学での学びが身近なものになります。

定時制高校と通信高校の違いを理解する

通信高校,定時制高校,夜間

栃木県には全日制高校、そして定時制高校、また通信高校があります。その中で定時制高校と通信高校にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

定時制高校というのは、主に夕方から夜間の間に開かれる授業であり、1日4時間くらいが普通です。ですから日中は仕事をし、ある程度稼いでから、学校に夜の時間に通うというスタイルであり、かなりタフな予定になることが多いです。

 

一方で通信高校の場合には、通信制がメインであり、インターネットが普及した現在ではネットでのテキストのやりとりが行われています。自主的に自宅で与えられた課題となるものを勉強しそれを提出するということの繰り返しになりますので、学校に通う定時制高校と、自宅での勉強がメインの通信高校には違いがあるのです。

 

また費用の面でも、栃木県の定時制高校の方が少し高めであり、通信高校は、最も費用が少ないので負担を軽減することができます。

 

夜間のその時間に学校に通う定時制高校に対して、通信高校は、自分の好きなときに、自分の都合で勉強することができる、こうした違いを把握しておくことは良いことです。どちらにもメリットそしてデメリットがあり、自分に合う方を選ぶことができるかもしれません。

通信高校を知って、自分の夢にさらに近ずこう

通信高校,苦学,夢,ダブルスクール

一般の人が「通信高校」で描くイメージは、色々あります。

 

一昔前は、多くの人が「家が貧しくて、家計を支えるために昼間は中卒の資格で社会人として働き、仕事が済んでから学生として勉強する定時制高校」と同じような、あるいはさらに厳しい状況の様子を描いていました。ところが、今は状況がすっかり変わっています。

 

いわゆる「さまざまな事情で高校に進学できなかった人が通信教育で勉強する学校」といった貧乏、忍耐というからは、かけ離れたものになりつつあります。確かに、裕福であれば、通信高校には進まない人が確かに多いです。「苦学」のイメージがあるかも知れません。それは、ある意味当たってはいます。

 

ただ自分の夢、実現の為に「通信高校」を武器として利用する学生が多数出てきています

 

栃木県の全日制高校の場合は、高校を卒業してから、夢実現に近づく為に大学・短大や専門学校に進学してさまざまな技能や資格を自分のものにします。ただ、そのような場合は年数も費用もかかります。

 

ところが、通信高校で専門のコースを受講したり、ダブルスクールで学んだりすると高校卒業と同時に、手に入れたかった資格が取れるので短期間、低費用で技能や資格を取得できます。

 

多数ある通信高校のなかには、就職のサポートも行っている所があり、そういうところに入学すると夢の実現が加速するということになるのです。

さまざまな人が通う通信高校の特徴

通信高校,レポート,学費が安い,中退

通信高校では週に1回〜3回のスクーリングと言う授業を受けますがそのほかに自分でレポートを提出し、テストを受けて単位を取得します。

 

それ以外は生徒の自由なので働きながら通ったり、いじめや不登校を経験し学校へ通うことが難しかったり、病気で毎日学校へ通えない人など様々理由を持った人が高校卒業資格を取得することができます。

 

通信高校は栃木県の全日制の高校にくらべ格段に学費が安いことも魅力の1つです。全日制の高校であれば公立高校であっても3年間かよえば約150万円ほど学費がかかってきますが通信高校の場合は世帯収入によっては3年間通っても10万円ほどの学費で卒業することが可能です。

 

私立の通信高校でも10万円〜70万円ほどで卒業を目指すことが可能です。

 

通信高校の中でもどちらかと言うと私立の通信高校ほうがレポートがネットを通じて提出できたり、学習の進め方やサポート体制が充実しているため公立の通信高校よりも選ばれやすい傾向にあるようです。

 

自分のライフスタイルにあわせて勉強し学習を進めていくことが魅力的な通信高校ではありますが、一方では自分自身で学習時間を確保し学習を進めていく必要があるため、何年も在籍していたり結局は通わなくなってしまう人がいることも事実です。

通信高校で面接に受かるためのコツ

通信高校,面接,栃木県

通信高校に通うときには、面接を受けることも大切です。

 

通信制なのに、なぜ面接が必要なのかというと、それは生徒の意思を確認するためです。卒業する意思があるのかどうかを、高校側としては確認したいのです。

 

そのため、面接とはいってもさほど難しいわけではありません。正しい受け答えができれば、合格は難しいことではありません。

 

ですが、面接に行くときには注意点もあります。それは、身だしなみです。

 

いくら通信高校とはいっても、身だしなみはチェックされます。髪の毛がボサボサだったり、服装が乱れていては、面接で不合格になる可能性があります。

 

また、面接では最低限のマナーが求められることも覚えておきましょう。面接官に対する挨拶や、礼の仕方、椅子の座りかたをチェックされている可能性があります。

 

通信高校の面接に行く前には、自分の態度や立ち居振舞いがマナーを守っているかをチェックしておくことも必要です。

 

また、必ず卒業したいのだという意思を伝えることも必要です。

 

面接で卒業についてアピールすることで、面接官に対して勉強に対して意欲を感じさせることができます。通信高校の面接は、決して厳しいものではありません。

 

ですが、必ず受かるわけではないので、対策をしておくことが大切です。

通信高校の魅力や説明などについて

通信高校,アルバイト,先生

通信高校は、魅力のたくさんある高校です。私もその通信高校を無事に卒業した者の一人です。

 

一般の栃木県の高校とは少し違い、授業のすべてを学校で受けるのではなく、自宅で自分のペースで学習できる、という点が魅力的だと思いました。

 

学校にいる拘束時間が少ない分、アルバイトとの両立もしやすかったです。

 

勉強とアルバイトでいっぱいいっぱいになってしまい、寝不足で次の日を過ごすということもあまりなく、楽しく高校生活を過ごすことができたと思います。

 

また学校の先生方も気さくで話しやすい方が多く、勉強のわからないところはもちろんのこと、その他の生活の悩みやちょっとしたたわいのない話にも、時には友達のように、時には真剣にアドバイスなども頂けました。

 

通信高校には、本当に色んな人が入学してきます。

 

栃木県で高校生活を楽しみたい人、前に通っていた高校を退学して編入してくる人や不登校になりがちな人、アルバイト重視で高校も卒業したい人など、実にさまざまな目的を持った人たちが入学してきます。

 

通信高校は、どんな人にでも、高校を卒業するという一つの目標を達成する扉を開けてくれます。また入学する人の年齢も幅広くて、実にさまざまな人たちと話したり、交流することができるのも魅力です。

ズバット通信制高校比較

>>ズバット通信制高校比較の公式サイトへ<<

通信高校の栃木県対応地域

宇都宮市 足利市 栃木市 佐野市 鹿沼市 日光市 小山市 真岡市 大田原市 矢板市 那須塩原市 さくら市 那須烏山市 下野市 河内郡上三川町 上都賀郡西方町 芳賀郡益子町 芳賀郡茂木町 芳賀郡市貝町 芳賀郡芳賀町 下都賀郡壬生町 下都賀郡野木町 下都賀郡岩舟町 塩谷郡塩谷町 塩谷郡高根沢町 那須郡那須町 那須郡那珂川町

 

 

page top